【快眠グッズ】ネックピローおすすめ人気ランキング9選!長距離旅を快適に

ネックピローとは?

 

飛行機のファーストクラスに座る人なら、どうやったらよく眠れるかなんて心配はいりませんよね。でもそうじゃない人にとっては、長距離フライトの際の大きな課題なのではないでしょうか。よく眠れたかどうかで、目的地に到着したときの気分も左右するはず。

 

快眠グッズって、どれも持ち運びに便利なんだけど、特にネックピローは選択肢が多すぎて困る!というのが正直なところ。この記事を読めば、どうやって選べばいいのか分からないというあなたにぴったりの商品が見つかるはず!

ネックピローを選ぶ時のポイント

ネックピローは絶対に必要な旅行グッズではないという人も多いと思います。でも一度使うと、手放せなくなりますよ。飛行機や列車での移動の際、狭いスペースでいつもと違う姿勢で寝なくてはいけない時に少しでも快適に過ごせるようにデザインされているんです。

 

ネックピローを購入するときは、色々な要素、たとえばサイズ空気注入式かどうかという点を比較しましょう。なかでも、どんな素材でできているかが重要なポイントになります。ここではあなたにとって最適なネックピローの選び方をご紹介します。

形状

ネックピローの形には、さまざまなタイプがあります。

 

  • U型:一般的なタイプ。首にフィットして座ったままの姿勢をサポートしてくれます。U型タイプの最大の弱点は、頭が固定されないところです。首に負担がかかってしまうので、長時間のフライトなどには不向きかもしれません。

 

  • J型フライトアテンダントのアイデアから生まれたネックピロー。しっぽの部分が首にフィットするだけでなく、あごを支えて首にかかる衝撃もやわらげてくれます。頭がぐらぐらする心配もありません。

 

  • えり型:ひもを締めれば首全体をホールドすることができます。飛行機の真ん中の座席に座るときに最適です。

 

  • くさび型:長時間無理な姿勢を続けることによる背骨や腰痛が心配な人には、こちらがぴったりです。

 

  • トラベルレスト (Travelrest):他にはないデザインで特許も取得しています。カーブしている部分が首にフィットし、それ以外の部分が胸に当たるようになっています。これにより、首と頭両方をしっかりとホールドできます。

 

  • スカイレスト(Skyrest): こちらも特許を取得しています。空気注入式で、上部が傾斜した箱のような形をしています。こちらはヒザの上に載せて使用し、その上でうつぶせになって寝るため背中に負担がかかるかもしれません。

 

  • シリンダー型:背中や首をサポートするベーシックなデザインと言えるでしょう。いろんな姿勢で使用できる万能なデザインです。

 

サイズ

ネックピローのサイズも商品によって異なります。購入時に注意すべき点は、コンパクトになるかどうかです。また、快適な機能を発揮するのに十分なサイズであり長時間の移動中にしっかり支えてくれるかどうかも大事です。

 

サイズが固定のものもあれば、空気注入式で空気の量によって好きなサイズに変えられるものもあります。ただし、布や低反発でできているネックピローのようなホールド感は期待できません。また、しっかりふくらませるのが難しい場合もあります。

 

空気注入式のものは非常に簡単に小さくできますが、もしそうでないものを購入するのであれば、各航空会社の持ち込み可能サイズをきちんと把握しておかなくてはなりません。折りたたんだ時のサイズを知っておきましょう。

 

素材

 

空気注入式でないタイプのネックピローに使用される素材はさまざまです。素材によってサポート力だけでなく、使い心地も変わってきます。素材には次のようなものがあります。

 

低反発素材:最もポピュラーな素材ですが、硬さや耐久性はものにより異なります。低反発の中では形状記憶のネックピローの人気が高く、その人の首や頭に合わせて変形するため、より優れた快適さとサポート力を発揮します。

 

ビーズ素材サポート力には優れていますが重くなりがちです。

 

ウール素材:非常に柔らかくお手入れしやすい素材です。型崩れしにくいのですが他に比べると値段が高めです。

 

ポリエステル素材:安価な非アレルギー素材です。使い心地がよくお手入れも簡単なのですが、上記の素材に比べるとサポート力は劣ります。

 

その他の機能

ネックピローは無くてはならないほどのものではないかもしれませんが、これがあると便利さや快適さにつながります。スマホやイヤホン用の小さなポケットがあるもの、簡単に折りたためるもの、専用のポーチが付属しているもの、通気孔がついているもの、アイマスク付きのもの、色の種類が多いもの、といった機能から選べます。

 

空気注入式かどうか

自分に合っているのは空気注入式タイプか、それ以外なのかをまず決めてから選択肢を絞っていくといいでしょう。

 

空気注入式以外ではどんな素材があるの?

ポリエステル低反発ビーズマイクロファイバー綿ウールなどさまざまな素材があるので、自分にとって何がいちばん快適かを考慮しましょう。

 

持ち運びは簡単?

買おうと思っているネックピローのサイズはどのくらいですか?それは簡単に折りたたんでカバンに収納できますか?折りたたんだ時のサイズは?重さだけでなく、サイズにも注意しましょう。

 

まずは1つ買ってみて初めて、自分が何にこだわってネックピローを選びたいのかが分かるかもしれません。結局のところ、長距離移動の際の就寝時のストレスを和らげるのにコストパフォーマンスの高い方法なのです。ほとんどのネックピローは、カバンに引っ付けたりポケットに押し込めるかして、使わないときでも邪魔にならないようになっています。

ネックピローのAmazon売れ筋ランキングをチェックする

どんな商品がよく売れているのか、ネックピローの日本とアメリカのAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクからチェック!

おすすめネックピロー人気ランキング9選

それでは、おすすめのネックピローをご紹介いたします。

1. ジェイピロー トラベルピロー(J Pillow Travel Pillow)

一見、タオル掛けかと思うかもしれませんが、こちらは今イチオシのネックピローなんです。横向き用になっていて、左右どちらかの頭を乗せて使用します。J型の部分がアゴを支えることにより、頭がグラグラ揺れるのを防ぐことができるんです。

 

こちらの商品は、多くの旅行者や術後患者の方達の間で高い人気を誇る商品ですので、これ以外にもお手頃な価格で豊富なカラー展開をしています。後頭部からアゴ、首に至るまで幅広くサポートできるこちらのネックピロー。ここで紹介しているU型のネックピローに比べて小さくて、荷造りも簡単にできます。

2. トラベルメイト メモリーフォームネックピロー(Travelmate Memory Foam Neck Pillow)

 

こちらは、簡単に言うと「形状記憶」というシンプルな機能が備わっています。リュック型のポーチにぺちゃんこに押し込んでも、元の形に戻るようになっています。

 

ジップ式で、座席テーブルに飲み物をこぼしてしまった時にも、これでサッと拭きとったら、あとは洗濯機に入れればOK。値段もお手頃で、お得感があります。

3. カブ― エボリューションメモリーフォームトラベルネックピロー(Cabeau Evolution Memory Foam Travel Neck Pillow)

 

運転中、どうしても電話に出なくてはいけない時や、人生相談のアドバイスを飛行機の中で聞かなくてはならない時、このネックピローには実に便利で気の利いた、小さなポケットが装備されています。これなら、イヤホンのコードが体に巻き付いて困ることもありません。

 

首回り全体のサポートをしてくれる分、お値段も若干お高めですが、納得のいく範囲ではないでしょうか。これが他のネックピローと違うのは、自分の好きな形にアレンジできるという点です。しかも、使わない時は小さく折りたためば元のサイズの4分の1ほどにもできます。

4. エアリス メモリーフォームトラベルネックピロー(AERIS Memory Foam Travel Neck Pillow)

 

こちらの商品は通気穴がデザインされているので、ベロア素材にありがちな蒸れを防ぐことができます。付属の携帯バッグに押し込んでも型崩れしない作りになっている上、アイマスクも付いているので長時間のフライトでもすぐに寝付けそうですね。

 

こちらも空気注入式で持ち運びに便利な携帯バッグ付です。

5. タートルピロー スーパーソフトネックサポートトラベルピロー(Trtl Pillow Super Soft Neck Support Travel Pillow)

 

一瞬タオルかと思ってしまうネックピローですよね。でも実はこれ、従来のU型のものに比べて優れているということが科学的に立証されているんです。

 

寒さ予防になるという人もいれば、少しサポート力が頼りないと感じる人もいるかもしれませんが、ネックピローによくありがちな、頭が前に押し出されるのを防げるようになっている点で、こちらの商品は評価されています。

6. ピュアフライ インフレータブルトラベルネックピロー(Purefly Inflatable Travel Neck Pillow)

 

使い方はとっても簡単。首に沿わせて装着するだけで、左右のふくらみが頬をやさしく支えてくれます。小さな携帯ポーチに入れて収納できますよ。

 

デザイン性の高さや機能性から見ても、こちらは非常にお買い得です。

 

7. トラベルレスト アルティメイトトラベルピロー(Travelrest – Ultimate Travel Pillow)

 

トラベルレスト(Travelrest)は、とてもユニークかつ人間工学に基づいたデザインになっており、長時間のフライト時、就寝中の頭と首をホールドしてくれます。写真のように肩からかけて使用します。空気注入式で小さく収納できるというだけでなく、空気の量を変えることで形や硬さを調節することができるんです。ヘッドレストなどにひっかけるだけで位置を固定できますよ。

 

ここで紹介している他のネックピローとは異なる全く新しいタイプのサポート機能がついていて、頭が不安定になりにくくなっています。首や背中の痛みに悩んでいる人にはおすすめですよ。色違いも豊富に取り揃えているので、好みに合わせて選べますね。

8. トラベルスナッグス ザ・ネックスナッグ(TravelSnugs – The NeckSnug)

 

一見、普通のネックピローとしてはちょっとお高く感じるかもしれません。

 

感熱式、伸縮性ストラップ、着脱可能なカバー、形状記憶などの機能がついていますが、特におすすめなのは、とても柔らかく高級感のある肌触りなところです。

9. フーディーピローブランド トラベルフーディーピロー(HoodiePillow Brand Travel Hoodie Pillow)

名前の通りフード付きで、機能的なだけでなくスウェット素材で付け心地も快適。こちらも空気注入式でコンパクトに持ち運び可能です。

 

サイズ調整可能なひも付き。青、グレー、赤等色々なカラーから選べます。

 

ネックピローのAmazon売れ筋ランキングをチェックする

どんな商品がよく売れているのか、ネックピローの日本とアメリカのAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクからチェック!

ネックピローのまとめ

「ネックピローおすすめ人気ランキング9選」は参考になりましたか?もし良かったら、シェアしてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

海外通販や個人輸入の最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事