【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

 

持ち運びに便利なハンディライト!今回、私たちがおすすめする商品ベスト9をご紹介いたします。

ハンディライトとは?

懐中電灯ってふとした時に必要になりますよね。でも、そんな時に限ってどこに置いたか忘れちゃったり、電池がきれてしまって結局使えなかったりします。最近の懐中電灯は、最新のLED技術と多くの新機能を備えています。ハンディライトとは、懐中電灯をバッグやポケットのなかに常備できるコンパクトサイズにしたもので、便利で耐久性を備えたアイテムです。かばんの中に常備することで災害などの緊急時や護身アイテムとしても大活躍です。

今回はそんなハンディライトの人気商品を、ランキング形式でご紹介していきます。様々な特徴を有したアイテムがランクインしていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ハンディライト購入ガイド

インターネットでたくさんのハンディライトが紹介されています。こんなにたくさんのオプションがある中から一つを選ぶのはちょっと難しいですよね。 LED技術の進歩で、ハンディライトは毎日のように進化し、混乱しがちなオプションが増えています。 

ハンディライトをを購入する前に、2つチェックしておきたいことがあります。それが① 使用する目的と、②必要とする機能です。 ハンディライトをご購入される目的はお客様それぞれ違ってくるはずです。下のガイドを使って、あなたのニーズに応じた最高のLEDハンディライトを見つけてください。

使用目的

まずは、どのような目的で使用したいのかをはっきりさせておく必要があります。 あなた警察官、または自衛隊の方でお仕事で使われますか? それとも、ご家庭で日常的なニーズのために使います? 

ブログ用のビデオをとるため、セルフィーをきれいに撮るため、またはただ暗いお部屋で明かりが必要などなど目的ってみなさんそれぞれですよね。

一般的な使用目的のいくつかを見てみましょう。

  • 自己防衛

ハンディライトの硬い素材と超高出力を利用することであらゆる状況で自己防衛のツールとしてとても便利です。

  • 懐中電灯

もっともベーシックな使用方法。 薄暗い道や駐車場、暗い部屋などで使用します。

  • 緊急時

自然災害などの緊急事態。救助のために信号を送信するためにSOSモードを使用することもできます。

  • 家庭用

日常のツールとしてご家庭内での使用。ソファの下に物を落としたとき、夜の暗い裏庭に出るときなど、いろんな場面で役に立ちます。

  • アウトドア

ハイキングやキャンプなどのアウトドア活動では、高出力の懐中電灯を使用する必要があります。

  • プロの使用法

警備員、消防士、建設作業員、警察官、自衛隊などの職業はより品質の髙いハンディライトを使用することを必要とします。

予算

どのように使用するかがはっきりしたら、つぎはいくらぐらいのものを買うのか考えなければいけませんね。ハンディライトは安いものは500円から高いものでは2万円以上するものまであります。価格もピンからキリですから、最低いくら、最高いくらまでと予算を決めておくといいでしょう。

カタゴリー

ハンディライトは主に下記の3つのカテゴリーに分類されます。 それぞれのカテゴリーよって使用目的、構造、持ち運びの安さの点でとても異なります。 

  • ハンドヘルド
    これが最も一般的に使用されるタイプです。 その名の通り、手で持つタイプです。
  • ヘッドランプ
    ヘッドランプは、頭に付けるものでヘッドギアの前にライトが取り付けられているので、手を自由に使うことができます。 これは建設労働者やハイカーに最適です。
  • 武器用
    武器のための光は、暗闇の中で目印をつけるために使用されたり、周囲をはっきり見て把握できるように広い範囲を照らします。

サイズ

ハンディライトの最も重要ななセールスポイントは、サイズです。 大抵の人は持ち運びが容易なコンパクトサイズを好むと思います。 カバンやバックパックに入るサイズ、キーホルダーとして身に着けることができるサイズのもの、またはベルトや首の周りにぶらさげることができるようなサイズの小さいものがいいでしょう。

しかし、サイズは機能と使用する電池の種類によって大きく変わってきます。

ハンディライトのサイズは主に次のとおりです。

  • マイクロ - 2インチ未満
  • Mini - 3インチ未満
  • Small - 4インチ未満
  • Medium - 4〜6インチ

耐久性

優れたハンディライトはいざというときに頼れるものでないといけません。あなたが選んだハンディライトが耐久性があるものかチェックしてみましょう。

ハンディライトの耐久性は、いくつかの要因によって決まります。 下のリストをチェックしてみてください。

  • 素材
    より丈夫な材料は頑丈なハンディライトです!軍用や警察が使用する頑丈なハンディライトは通常アルミニウムでできています。一般的なハンディライトはアルミニウムではなくプラスチックやステンレスでできています。
  • 耐衝撃性
    耐衝撃性はとても重要です。ちょっとおっちょこちょいで物をよく落としちゃうなんて人にはこの耐久性がついたものがいいかもしれません。耐衝撃性があることでハンディライトが壊れる確率を最小限に抑えることができ、長持ちします。また、耐衝撃性はANSI FL1規格の1つです。
  • 耐水性
    ハンディライトの耐水性はその商品によってばらばらです。水に30分間抵抗することができるものもあれば、深い水に長時間浸すことができるものもあります。ハンディライトの耐水性を調べるには、IPXマーキングを確認する必要があります。 IPX評価ガイドをチェックして自分に必要なハンディライトを選んでください。また、耐水性もANSI FL1のもうひとつの基準です。

ルーメン

ハンディライトの光の明るさはとっても重要なポイントです。明るさはルーメンの数で決まります。ルーメンが高いほど、出す光は明るくなります。自衛隊、警察官などお仕事で使用される場合はより高いルーメンのハンディライトが必要でしょうし、ご家庭でお使いになるものであればより低いルーメンのほうがいいでしょう。ルーメンは低いものだと1ルーメン、高いものだと900ルーメン以上になるものもあります。ですから、何のために使用するのかをはっきりさせて、それにあったルーメンを選びましょう。

電池の種類と持続時間

電池が最大の明るさでいったいどれくらいの時間持続するかは重要なポイントですよね。

商品によっては最大でわずか30分しか持続しないものもあります。

この時間は使用する電池によって変わってきます。

電池の種類は以下の通りです。

  • アルカリ電池
    通常の使い捨て電池です。 単三形および単四形。持続時間は限られてきますが、安くどこでも簡単に入手でできます。
  • リチウム電池
    アルカリ電池ですが、はるかに強力です。長い寿命で10年まで持ちます。CR123AとCR2という電池はこのグループのもので、非常に人気があります。
  • 充電式電池
    再充電可能な電池は、寿命がはるかに長く、戦術的な懐中電灯でよく使われますが、お値段はとても高いです。よく使われるものは18500とRCR123Aです。
  • 内蔵二次電池
    自衛隊や警察が使用するハンディライト用に特別に設計されたバッテリーパックです。

スイッチタイプ

3つの主な種類のスイッチがあります。 好みや便利さに応じて選んでみてください。

  • ツイスト
    ハンディライトのほとんどは、本体部分に余分なスペースを取らないようにこのタイプのスイッチがついています。 しかし、このタイプはうまくねじ込まめないことがあるため、少し面倒なことがあります。
  • ボディスイッチ
    このスイッチはとても人気があります。 通常の懐中電灯についているものと同じタイプのスイッチです。親指で簡単に設定を切り替えることができます。
  • テールキャップ
    一番人気のあるスイッチです。テールスイッチは懐中電灯の下部にあり、親指で簡単に操作できます。 設定を変更するには、複数回クリックするだけ。

  このタイプのスイッチは、自己防衛のために使用する際に理想的で、グリップがしやすいです。

明るさモード

各メーカーによって明るさのモードは異なります。次のいずれかから明るさモードを選択できます。

  • シングルモード - このタイプは、明るさのモードは一つのみで、一般的に専門職ハンディライトに使用されます。
  • 2つのモード - ハイとローの2つのモードとなります。明るさが重要なときはハイに切り替え、電池を長持ちさせたいときはローに切り替えます。
  • 複数のモード - 最大10つのモードがついてきます。

リチウムイオン電池を充電しすぎることはありますか?

電池を充電しすぎることは電池の寿命を縮めるので、特別に注意を払う必要があります。過充電は、ノード上の金属リチウムの蓄積につながる可能性があります。気をつけて電池が過充電されるのを防ぎましょう。

そうするには電池を充電する正しい時間を理解しておく必要があります。

必要な充電時間と充電速度を含めてすべて電池に書いてあります。正しい時間で充電することで電池の寿命はぐっと長くなります。

LED電球 vs 白熱電球

LED電球が市場に出て以来、常に懐中電灯の世界を支配してきました。 LED電球は、そのフロントライン技術のために、白熱電球よりも明らかに大きな市場シェアを持っています。LEDハンディライトには、多くの利点があり、LEDライト電球は、白熱電球に比べてかなり長い寿命を持っています。

LED電球は50,000時間まで持続できますが、白熱電球は連続使用だとおよそ6時間ほどできれてしまいます。

消費電力はLED電球の方がずっと少なく、光出力も大きいです。

一方、白熱電球はかなり高い電力を消費します。

LED電球の頑丈な構造は壊れにくく、それに比べ白熱電球はわずかな衝撃でかなり容易に破損してしまいます。

最後に、LEDライトは頻繁に電球を交換する必要がないため、安価でお財布に優しいです。

長い目でみるとより良い投資になるのでは?

ハンディライトの電池を保管する方法は?

ふと懐中電灯が必要になったときに限って、電池がきれていて使えないってことよくありますよね。これは電池の保管方法をきちんとやっていないからなんです。このような状況を避け、電池をできるだけ長く使うためにも、事前に予防措置を取ることができるんです。

近いうちに懐中電灯を使う予定がないのであれば、電池を取り外した状態で保管しておきます。緊急時に簡単にアクセスできる場所に、時間の無駄を避けるためハンディライトと電池を同じ場所に保管してください。電池を新鮮に保つために、ジップロックバッグなどに入れておくとより良いでしょう。

電池は出来るだけ他の電池と一緒にしないで入ってきた最初に入ってきたパッケージに入れたまま保管してください。

ポケットライトのAmazon売れ筋ランキングをチェックする

どんな商品がよく売れているのか、ポケットライトの日本とアメリカのAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクからチェック!

おすすめポケットライト人気ランキング9選

それでは、おすすめのポケットライトをご紹介いたします。

1. シャドウホークタクティカルハンディライト X800 (ShadowHawk X800)

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

ShadowHawk X800は、新しく開発されたミリタリーグレードEDC LEDハンディライトで、軍人、警察使用に限らず一般の人が日常の自己防衛アイテムとして使用するのにも最適です。

航空機グレードアルミとXPE 800ルーメン電球で作られいることでとても明るく、より高い耐久性を備えていることでこのリストのトップにランクイン。

ハードアルマイト仕上げであることで耐水性、耐磨耗性、耐衝撃性に優れているだけでなく、5つの設定モード、充電式単4電池3本で驚きの100,000時間寿命。

とってもコンパクトでありながら、なんと2000倍ズーミングが可能。持ち運びがとても簡単です。

2. シュアファイアEB1バックアップクリックスイッチLEDハンディライト (SureFire EB1 Backup Click Switch Dual-Output LED Flashlight)

 

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

アウトドアが大好きな人にこちらがおすすめ!耐久性に優れていて、非常に明るいハンディライト。シュアファイアEB1は、2018年現在市販されているEDC懐中電灯の中でも最高の優れもの。

デジタル規制がされており、LED電球を使用することで通常のハンディライトよりも5倍の光量を得ることができ、電球が切れることはありません。

2つのモードを切り替え可能で、ローモードでは最大36時間持続!  ハイキング、キャンプに最高の旅のお供です。

3. Outlite 501B LEDハンディライト(Outlite 501B LED 900 Lumen Handheld Flashlight)

 

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

Outlite 501Bは防水性能を搭載しているのでアウトドア使用に最適 よりコンパクトなサイズで、重さはたったの130g。ポケットに入れて持ち歩けちゃいます。

電池寿命も明るさもとっても優れています。

5つの切り替えモード(ハイ~SOS)で、寿命は900ルーメンで100,000時間。 目に見えて明るい光を作り出します。

アルミ製で、繰り返し使える18650充電式電池を使用しています。これらのすべての機能がついているのにお値段はとってもお得なんです。

4. UltraFire 7W Cree LEDハンディライト (UltraFire 7w 300lm Mini Cree LED Flashlight)

 

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

UltraFire 7w LEDハンディライトは丈夫にみえるのに、重量たったの60gで羽根のような軽さ。 サイズはとっても小さいですが、300ルーメンで非常に明るいです。

ハイモードと点滅モードの2つのモードに使用可能で、オン/オフボタンを半押しすることでモードの切り替えが簡単に出来ちゃいます。 ズーム機能もついており、照射距離 は200m。

連続3〜10時間の持続使用が可能。 電池は簡単に手に入る単三電池を使用。

あまり頻繁には使わないけど、良い懐中電灯を常備しておきたい!という方におすすめです。 

5. クリップライト スーパーブライトクリップストリップLEDハンディライト(Cliplight 140 Lumens Super Bright Clipstrip LED Flashlight)

 

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

このハンディライトには数多くの特長があり、私たちのお気に入りアイテムの一つです。このEDC懐中電灯は、LEDストリップアレー技術を利用し、近距離を広範囲に照らします。

耐衝撃性と耐水性に優れていて、あらゆる用途に最適です。 ピボットと磁気クリップ、単4電池3本(点灯時間最長12時間)が付いてきます。

ユニークなデザインで、ポケットの中に入れて簡単に持ち歩けます。 大きなプラスポイントは商品に満足できなければ返金してくれるというマネーバックギャランティー付きということ。

6. ストリームライト6318 マイクロストリーム C4 LED ハンディライト(Streamlight 66318 MicroStream C4 LED Pen Flashlight)

 

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

C4タイプのLEDを使用した超コンパクトなハンディライト。 ハイフラックス1/2ワットLEDを備え、単4電池1本超高輝度の明るさを引き出します。寿命はなんと最大30,000時間。

焦点調整をしないため、より広い範囲を照らしてくれることで周囲もよく見ることができます。

防水構造とポリカーボネートレンズを使用することでとても壊れにくい作りになっています。 簡単に首からかけて持ち歩ける高品質のネックストラップ付き。

軽すぎて首からかけてることもわすれちゃいそうです。

7. ピークプラススーパーブライトタクティカルLEDハンディライト(PeakPlus Super Bright LED Tactical Flashlight)

 

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

PeakPlusスーパーブライトタクティカルLEDハンディライトは、クールハイルーメンのLED電球を使った、その名の通り最も明るいタクティカルハンディライトです。

ギザギザのキャップは自己防衛のために使用する目的で作られました。 アルミリフレクターと光学グレードのポリカーボネイトレンズで作らているのでとっても丈夫です。

シンプルなプッシュオン/オフボタンで5つのモード切り替え可能で、200〜500mのビームレンジを備え、1mの深さの水中で最大30分耐えることができ、18650リチウムイオンバッテリーとチャージャーを使用しています。 長さ12.59cm、重さは116g。 固定式のベルトクリップとAmazonからの永久保証が付いてきます。

8. フェニックスPD35ハンディライト(Fenix PD35)

 

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

フェニックスPD35は、明るさ、耐久性、コンパクトサイズ、どの点にも優れていて、最もトレンディで明るいハンディライトの1つです。

850〜950ルーメンの明るさで部屋全体を簡単に照らすことができ、自己防衛アイテムとしても使用することができます。

ストロボ設定を含み6つのモード切り替えができます。重量は136gで、CR123Aバッテリー2本を使用します。

後部テールキャップとサイドボタンが付いており、簡単にモード切り替えができちゃいます。 深さ2mの水になんと最大30分も間耐えることができます。 メーカー永久保証付き。

 

9. スルーナイト Ti シリーズミニキーホルダーハンディライトThruNite Ti series Mini Keychain Flashlight)

 

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【持ち運びに便利】ハンディライトおすすめ人気ランキング9選!

クラッシックなハンディライトを探しているのであればこちらがおすすめ!リップスティックの形をしたこの小さなモンスターは、こんなに小さいのにかなりの明るさです。

ホタル、ロー、ハイ、ストローブを含む4つのモード切替が可能

単4形電池を1本の使用で、ストロボモードでは120 ルーメンの明るさで最小1時間、ホタルモードでは0.04 ルーメンの明るさで最大持続時間は115時間。

電池なしで重さ12グラム。普段はキーホルダーとして持ち歩けます。

ポケットライトのAmazon売れ筋ランキングをチェックする

どんな商品がよく売れているのか、ポケットライトの日本とアメリカのAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクからチェック!

ポケットライトのまとめ

最終的には、どのポケットライトを選ぶかは何を必要にするかで決まってきます。 アウトドアに使うのか、自己防衛のために使うのか、それとも緊急時、災害時のいざというときのために常備しておきたいのか。ここでご紹介したハンディライトはどれも簡単に持ち歩くことができ、必要な明るさを手軽に手に入れることができます。もう巨大な懐中電灯の時代は終わって、すごいパワーのたくさんの機能がついた、持ち運びできるミニ懐中電灯「ハンディライト」の時代がやってきたのです。

いろいろと比較してみて、一番自分にあった商品を選ぶことができるといいですね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

海外通販や個人輸入の最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事