【キャッシュバック経由でおトクにお買物!】

最新の今だけお得なキャンペーン情報

・【Ebates(イーベイツ)】アマゾンやイーベイでも使える!『初回25ドル以上のお買い物でもれなく10ドルキャッシュバック』https://www.ebates.com/

スポンサーリンク

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)クーポン割引セール速報

雑貨、生活用品、ファッションアイテム等、割引クーポン多数あり!

クーポンGETはこちらから

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)

言わずと知れたインターネット書籍から発展したアメリカの何でも売っている巨大ショッピングサイトです。
世界13カ国で展開をしていますが、やはり商品数では『アマゾンアメリカ/AmazonUSA』が最大規模ですね。
日本未発売の商品や、世界先行発売商品をいち早く購入するためには、最適なショッピングサイトでしょう。
ハイクラスな高級ブランドはあまり見かけませんが、手頃な価格帯のブランドであれば大抵売っていますし検索を駆使すればレアな商品も見つかりますよ。

公式サイトはこちら
【Amazon.com】

  • country:USCAFRITDE
  • 利用可能な支払い方法VISAvisa-electronMastercardAmerican-ExpressJCB
アマゾンアメリカ/AmazonUSAから日本への配送方法と料金

配送方法は基本3パターンあり、チェックアウト時に選びます。
詳細はこちら 【アマゾンアメリカ/AmazonUSAの送料はいくら?いつ頃届く?】


目次

Amazon公式アプリで簡単購入 アマゾン専用アプリでアマゾンアメリカの商品を検索

アカウント作成 アマゾンアメリカ/AmazonUSAのアカウントは世界各国で共通

Amazon(アマゾン)は欧米のアカウント登録情報は共有しており、アカウントを作成すれば以下の国で共通で使えます。
日本のアカウントは残念ながら共有していないので日本でしか使えません。

■アマゾンアメリカ/AmazonUSAamazon.com

■アマゾンイギリス/AmazonUKamazon.uk
amazon.uk(アマゾンイギリス)での買い方へ

■アマゾンドイツ/AmazonDE amazon.de
amazon.de(アマゾンドイツ)での買い方へ

■アマゾンフランス/AmazonFR:amazon.fr
amazon.fr(アマゾンフランス)での買い方へ

■アマゾンカナダ/AmazonCAamazon.ca
amazon.ca(アマゾンカナダ)での買い方へ

■アマゾンイタリア/AmazonIT:amazon.it
amazon.it(アマゾンイタリア)での買い方へ

■アマゾンスペイン/AmazonES:amazon.es

アマゾンアメリカ/AmazonUSAでまずはアカウント作成

一度Amazonのアカウントを作成しておけば、次回の購入は非常に簡単に行うことができます。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)のトップページの右上「Hello Sign in」の所へカーソルを持っていきます。
持っていっただけでSign in誘導のプルダウン画面が出るので「Sign in」をクリックします。

『Amazon.com(アマゾンアメリカ/AmazonUSA)』のアカウントを新規作成なので、「Create your Amazon account」をクリックします。

それぞれの欄に入力していきます。
カーソルは半角英数にしておきましょう。
入力できたら 「Create your Amazon account」をクリックします。

簡単ですが、これでとりあえずはアカウントが作成できました。
TOPページの右上に「Hello, ◯◯(入力したアカウント名)」が出ているのでクリックします。

購入前にクレジットカード情報(番号及び住所)を登録する

商品の購入時に入力する事もできますが、支払いカード情報を『Amazon.com(アマゾンアメリカ/AmazonUSA)』へ先に登録しておきましょう。
通常はクレジットカードによる支払いが一般的かと思うので、カードを登録しておけば購入がスムーズに行なえます。

「Manage Payment Options」をクリックします。

カード情報の入力画面になります。
「Name on card」はカード記載通りに入力します。
入力できたら「Add your card」をクリックします。

カード登録の住所を入力します。
名前は先程入力したNameがすでに入っているので住所を入力します。

【記入例】
日本 太郎
〒100-1234
東京都東村山市本町1丁目2−3 ハイツ日本101号
電話番号:03-3123-4567

 

参考:『海外通販(個人輸入)の英語住所の書き方記入例』

 

「あなたのアカウント情報を更新します」と聞いてくるので「OK」をクリックします。

これでクレジットカード情報が登録されました!

『Amazon.com(アマゾンアメリカ/AmazonUSA)』に配送先住所を追加したい場合(カード登録住所以外へ配送)

カード住所が実家のままなどで現住所が異なる場合は、カード情報住所以外へ配送してもらわなければなりません。
新たな配送先住所の追加登録方法です。

『Amazon.com(アマゾンアメリカ/AmazonUSA)』に配送先住所を事前登録しておく場合

まずアマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)のトップページ右上に「Hello, ◯◯(名前)」が出ているのでクリックし、
「Your Account」ページを出して、「Add New Address」をクリックします。

新規住所入力画面になるので入力していき、「Add address」をクリックすれば住所登録の完了です。

『アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)』で商品をカートに入れてから、配送先住所を登録する場合

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)のカートに商品を入れて「Checkout」画面の「Shipping address」「Change」をクリックします。

上記ですでに住所を登録してあり変更したい場合も「Change」からです。

「Add a new adress」をクリックし、上記と同じ画面が出るので入力します。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)でもっとお得に購入する方法 最新のセール・クーポン情報

アメリカのAmazon.comでは、色々なセールが常に行われています。

英語でセールを意味する単語はいくつかあり、

  • Deals(ディールズ)
  • Outlet(アウトレット)
  • Bargain(バーゲン)
  • Markdowns(マークダウン)
  • Special Offers(スペシャルオファー)
  • Sales(セール)

 

などと表記されています。

アマゾンの各セールの特集へ飛ぶリンクは5種類あります。さらに、季節のスペシャルセールも開催されるので順番に紹介していきますね。

アマゾンのセールをうまく活用して、少しでもお得に購入していきましょう!

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)のセールにはどんなものがある?各割引情報を詳しく解説

DealsBargainsは、Sales・Markdowns・Special Offersなどを含む一般的なセール情報の特集ページとなります。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)のアウトレット (Outlet)

アウトレットと聞くと売れ残り品やキズモノ、サンプル品が売られているようなイメージを持っている人もいると思いますが、

Amazonのアウトレットは在庫処理のために商品を割引価格で販売しています。

「Outlet」と表示されているリンクから各商品のカテゴリに飛ぶことができますが、最終的な表示は「Bargain」となっていたりするので、アウトレットとバーゲンは明確には区別されていないようです。

Amazon.com『Outlet(アウトレット)』のセールはこちら

アマゾンアメリカの訳あり商品 (Warehouse Deals)

ウェアハウス・ディールズで販売されているのは、返品されアマゾンの倉庫に戻ってきた商品です。

アメリカでは購入品の返品は日常茶飯事。
アマゾンが高い返品率を利用して行なっているセールです。

返品された商品は動作検査や状態検査を受け、問題がなければアマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)のウェアハウス・ディールズから再販されます。

いわゆるアウトレット品としてお手頃価格で販売されています。
割引率が高いのでお得に購入できる方法ですが、一度誰かの手元に届き開封されているという点だけ忘れずに。

Amazon.com『Warehouse Deals(ウェアハウス・ディールズ)』のセールはこちら

アマゾンの公式クーポン情報 (Coupons)

Amazon.comクーポンのページを開くと、その時々の割引商品が並んでいます。
お目当ての商品のクーポンを見つけることができればラッキーです。

アマゾンのクーポンでは割引額が表示されているのですが、商品をクリックして購入手続きに進むと特に割引額は表示されません。
会計の時に自動的に割引されるので心配しなくても大丈夫です。

クーポンといっても、実際にクーポンコードを入力する必要はなく勝手に割引されるシステムとなっています。

全く同じ商品でも色違いやサイズ違いの商品を選択すると、クーポンが適用されなくなるので注意が必要です。

「Clip Coupon (クーポンを切り取る)」というボタンをクリックすると、自動的にクーポンがご自身のアカウントに保存されます。

Amazon.com『Coupons(クーポン)』はこちらから

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA) 本日のお得情報 (Gold Box Deals)

ゴールドボックス・ディールズは、日替わりのセール・タイムセール品が掲載されています。

50%OFFなど、高い割引率の日替わりセール品が紹介されています。
その右横に、2時間毎に入れ替わるタイムセール品が掲載されています。

2~3時間の購入時間中に購入しないとその商品のセールが終了してしまい、その次にセールになるのがどんな商品なのかは分かりません。

気が付いた時にちょくちょくページを覗いてチェックするか、日替わりセール品はメールで情報を配信してもらうことも可能です。

タイムセールの情報が欲しい人はAmazon.com Dealsのメーリングリストに登録すると便利です。

スマホやパソコン上でリアルタイムなお得情報を受信したい場合は、Amazon App(スマホ用アプリ)もしくはAmazon Assistant(パソコンブラウザ用)がおすすめです。

Amazon.com『Gold Box Deals(ゴールドボックス・ディールズ)』のセールはこちら

『Amazon App(スマホ用アプリ)』はこちら

アメリカ最大のセール ブラックフライデー (Black Friday)

アメリカでの大規模セールの開始日となるのが、11月の第4木曜日にある「Thanks giving day(感謝祭)」翌日です。
この金曜日のことを「Black Friday(ブラック・フライデー)」と呼びこの日はセールが始まります。

Amazon.com『Black Friday(ブラック・フライデー)』のセールはこちら

サイバーマンデー (Cyber Monday) オンラインショップ限定のセール

ネットショッピングが一般化してきた最近では、感謝祭の次の月曜日がオンラインショップのセール開始日となっています。

11月の第4木曜日の次にある月曜日は「Cyber Monday(サイバー・マンデー)」と呼ばれていて、ネット上で大規模なセールやキャンペーンが始まります。

Amazon.com『Cyber Monday(サイバー・マンデー)』のセールはこちら

ブラックフライデーやサイバーマンデーのセールを利用して買い物をしようとすると、割引率が高くてお得に購入ができる代わりに、注文が殺到する時期なので配送などに通常より時間がかかることがあります。

クリスマス用にプレゼントを購入しようとしても、クリスマスイブまでに間に合いませんという表示が出ることもあります。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)でギフトカード・プロモーションコードを使ってお得に買い物をしよう

アマゾンで購入時に割引となる、プロモーションコードの適用方法を紹介していきます。

アメリカのAmazonで買い物をして支払い画面まで進むと、

「2 Payment method」 (支払い方法)という項目の中に、「▼ Add a gift card or promotion code」という表示があり、「Enter code」と書かれたコードの入力欄があります。

ギフトカードとプロモーションコードって何??と気になっている人もいると思うので、説明しますね。

Amazonギフト券 (Gift Cards)

Amazonのギフトカードは贈り物などとしてやりとりされるオンライン上のギフトカードで、カードに記載されているナンバーを入力すればギフトカードに入っている金額分割引されます。

Eメールでも送ることができるので、離れたところにいる相手にでもすぐに渡せます。
購入した金額分だけを使用できる、いわば商品券のようなものです。

日本のAmazonギフトカードではなく、あくまでもアメリカのAmazon.comでしか使用できないギフトカードのため、日本国内のAmazonでしか購入をしない人には注意が必要です。

また、キャッシュバックサイトを利用すれば、海外のショップで購入した金額の数%をAmazonのギフト券として受け取ることができます。

Amazon.comで使えるキャッシュバックサイトはこちら 『海外ポイントサイト TopCashback(トップキャッシュバック)の登録から使い方まで』

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)のプロモーションコード (Promotion Codes)

Amazonで開催されているセール品を購入する際、プロモーションコードを入力しないと割引されないことがあるので要注意です。

主に2つの方法でプロモーションコードを取得することができます。

  • 1.メールマガジンに登録
  • 2.サイト内の告知

2のサイト内での取得は面倒なので、『メールマガジンへの登録』がおすすめです。

『メールマガジンへの登録』はこちらから

会計画面でプロモーションコードを入力すると、「Promotion Applied:-JPY金額」という表示が出ます。
プロモーションコードに記載されている割引率で金額が割引されていることが画面上で確認できます。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)商品の検索・日本へ個人輸入できる商品はどれか?

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)個人輸入での輸入禁止商品及び規制品の確認

Amazon.com内の商品はどれでも日本へ送れるわけではありません。 そもそも日本へ輸入禁止の商品も多々あります。

Amazonのセラー(販売者)が万が一発送してくれたとしても、税関で見つかり没収されることもありますので、
自分が欲しい商品が禁止商品や規制商品に入っていないか?Amazonの商品を購入前に調べておきましょう。

こちらのサイトがよくまとめられています輸入禁止・規制品目について

日本へ発送可能(関税込)のamazonまとめサイトがある

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)には、Amazon Globalという関税・他諸費用を前払いで発送するサービスがあります。

amazon.co.jpの説明では

【配送オプションが「AmazonGlobal海外配送」の場合】

「AmazonGlobal 海外配送」を利用して商品を海外へ配送する場合、AmazonGlobal が通関手続きを代行します。
お客様の代わりに通関でかかる輸入税、関税、その他手数料の見積額(輸入税等前払金)を算出し、注文確定時にお支払いいただきます。
そのため、荷物の到着時点でお支払いいただく必要はありません。
実際の輸入税等(受取人様の代理として、配送業者が配送国の税関や税の取り扱いを担当する機関に支払うもの)が、お客様にお支払いいただいた輸入税等前払金より少額だった場合は、ご注文時の支払い方法と同様の方法によって、自動的に差額を返金いたします。
このプロセスには、出荷日から60日間かかります。

 

同じサービスはもちろんアマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)にもあります。
こちらから アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)

このページから国際配送可の商品の絞込を行う事ができます。
但し絞込・検索を繰り返すうちにAmazonGlobalから知らぬ間に出てしまうこともあるので注意が必要です。

左側のカテゴリーから絞り込んで行くと大丈夫なようですが、ページ上部の検索窓を使うとamazon全体から検索するので出てしまいます。

AmazonGlobal内に留まっているかは、下図画像の青色囲みの所にAmazonGlobalが表示されていればOKです。

 

Amazon.comトップページからAmazonGlobalへのリンクは、ページの一番下にあります。

ずっと下までスクロールした、「グループSHOPへのリンク一覧」にあります。
ここはよく順番が入れ替わりますがこの日は一番右上にありました。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)から日本へ発送可能はカートに入れてみなければわからない

amazon全体から商品を探した場合は日本へ発送可能かどうかは、最終的にはカートに入れて住所選択までしてみないとわかりません。
発送不可の場合は下図のように赤字で「送れません」と出ます。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)で日本へ発送可能な場合は、最終の支払いページになります。

商品によっては、商品ページ下部の「Product Description」に「国際配送対象外」の意味の「This item is not eligible for international shipping」が記載されてることもあります。

これが載っていれば日本への配送は不可です。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)から日本へ送れない場合は転送サービス会社を使ってみる

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)の日本へ発送しない商品は転送サービス会社を使うという手もあります。

詳しくは、『海外通販で使える転送サービスと個人輸入代行業者を比較』

Amazonの送料と所要日数 アメリカから商品到着までの日数

アマゾンアメリカ/Amazon.comの国際配送種類は基本的に3種類あり、ヘルプ内の説明による到着目安日数は以下のようになります。

Standard Shipping:9~14営業日 追跡あり航空便(有っても追跡できない場合もある)

Expedited Shipping:6~10営業日 追跡あり航空便

Priority Courier Shipping:2~4営業日 速達追跡あり航空便

決済の最後まで進むとどの配送方法にするか選択できるようになっており、送料とおおよその到着目安日も表示されます。

気長に待てるのであれば、「Standard Shipping」が一番安いです。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)には無料配送の商品もある!

通常は上記3種類の配送から選択しますが、商品やセラー(販売者)によっては、配送方法が2種類であったり1種類のみであったりします。
また、$125以上であればFREE(送料無料)の選択肢が出てくることもあります。

送料無料になる商品についてはヘルプページに記載がありました。
「About FREE AmazonGlobal Shipping」※amazonのヘルプページ

上記のAmazon.comのヘルプページによると, $125以上の商品をシンガポールへ送ると無料対象になることもあると書いてあるのですが、シンガポール=アジア方面ということかもしれませんね。

Standard Shippingとの発送の違いがよく判らないですが、到着予想日から推測するに少なくとも船便ではなく航空便で発送されるようです。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)の日本への配送料金 アマゾンで送料を確認

発送料の計算は「出荷単位」のコストと「アイテムごと」のコストを加算して計算されます。

「アイテムごと」のコストは、アイテムの数、重量、または各パッケージの体積(次元重量と呼ばれる)に基づくことができる。
実際の重量と次元の重量に適用される1ポンドあたりの適用額として、以下に列挙された「アイテムごと」のコストが適用されます。

その計算の元になるコスト表はこちら 『Amazon.com』「Shipping Rates to Japan」Amazon公式送料計算表

購入前に自分で計算するより、とにかくカートに入れて決済画面まで進み、出てくる送料を確認するほうが早くて確実です。
送料が予想外に高くて購入をあきらめる場合はカートから商品を削除すればいいだけです。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)の配送状況を追跡してみる 商品の追跡

海外からの配送で一番心配なのは「本当に届くのか?」ですね。
なので発送状況を追跡してみます。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)が使用した配送会社と追跡番号を確認する

まずは、アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)のトップから「Account」をクリックして、「Your Orders(オーダー履歴)」に入ります。

『Amazon.com』Your Orders(オーダー履歴)はこちらから

該当する購入品の「Track package」をクリックします。

「Shipment details」の赤枠の所が配送会社と追跡番号になります。

Carrier: i-parcel, → 配送会社:i-parcel

Tracking #: abcdefg12345 → 追跡番号:abcdefg12345

配送会社は『i-parcel』ですね。
アメリカamazonのGrobal Shippingの場合は、日本への配送はおおよそ『i-parcel』が行うようです。
日本国内へ入ってからは「SGHグローバルジャパン(佐川グループ)へ引き継がれます。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)の商品を追跡・トラッキングしてみる

では、追跡番号をコピーしてi-parcelのTrackingページ(こちら)に番号を貼り付けて「track」をクリックします。

2月28日に日本へ向けて空輸されたことが判りました。

佐川の国内追跡番号を『i-parcel』へ問い合わせる

日本に着いたら佐川へ引き継がれるのですが、追跡番号がそこで変わってしまいます。
その番号は『i-parcel』へ問い合わせを行わなければ分かりません。

では、いつ問い合わせれば佐川の番号がわかるか?というと、日本へ空輸と出た翌日には『i-parcel』へ問合せ可能です。
『i-parcel』のカスタマーサービスへメールで問合せます。

---------------------------------------------------------

メールアドレス:customer.service@i-parcel.com

件名:Please nofity me of a tracking number in japan

本文

Dear i-parcel,

Hello.
My package was shipped to Japan.
Please nofity me of a tracking number in japan.
My package’s tracking number is "i-parcelの追跡番号"

Best Regards,
Taro(自分の名前)

---------------------------------------------------------

上記の内容で、3月1日14:53に送信しました。 すると、3月1日14:59に返信がありました。早っ!

「Sagawa  under local tracking number」 の横の番号が国内追跡番号になります。

佐川で追跡してみる

i-parcelのカスタマーサービスは親切に佐川の追跡URLも載せてくれているので、そこをクリックすれば追跡ページへ飛びます。

3月1日の時点では、当然「現地へ輸送中」の表示しか出ないので2,3日後にトラッキングすれば国内状況が判りますね。

通関許可が下りてSGHグローバルジャパンから佐川営業所へ発送される時に「国内伝票番号」も発行されます。
この番号が出てきたら通常の佐川の追跡ページで追跡もできます。

『i-parcel』でもずっと追跡できる

更新は結構遅れますが、最初の『i-parcel』のトラッキングページでもずっと追跡はできます。
下の画像は3月9日にトラッキングした結果ですが、3月7日の配達完了がまだ出ていません。

 

世界455社の配送業者の追跡ができる『aftership』!便利な荷物追跡サービス

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)からの配送は、今回は『i-parcel』が配送していますが、『USPS(米国郵便)』『DHL』等色々です。
配送会社個々の追跡ページで追跡するほうが確実ではありますが、いちいち追跡ページはどこ?と検索するのが面倒な方にもってこいの便利なサービスサイトが『aftership』です。

『aftership』はこちらから

「Tracking Number」の欄に追跡番号を入れて「Track」をクリックします。

配送業者の候補が出てくるので、今回の『i-parcel』をクリックします。

追跡結果が表示されます。

最初に配送業者の検索をして、『i-parcel』を指定してから追跡することもできます。

『i-parcel』の表示をクリックします。

このサイト、もちろん日本の業者も対応しており、例えば、こんな検索もできます。

アメリカ国内ももちろん追跡できるので、日本直送不可品を転送業者へ転送した時にも使えますね。

但し、アメリカで一番メジャーな「UPS」という配送業者が何故か対応していません。 UPSの追跡はこちらから

アマゾンの返品及び交換の方法 アメリカアマゾンに商品を返品する方法 返品期限

アマゾン USAは返品も簡単です。返品期限内であれば商品を返品できる場合が多いです。では実際にアメリカのアマゾンに向けて自己都合での返品をしてみます。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)で購入した商品の返品依頼をする

先ずはオーダー履歴から該当商品の「Return Item」をクリックします。

「Why are you returning this?」の欄をクリックして返品理由を選びます。 今回は自己都合なので「Bought by mistake」にしました。

コメント欄は任意なので、特に言いたいことなければ空欄でOKです。 「Continue」をクリックします。 自己都合でない理由の場合は詳細の記入が必要です。

返金を「アマゾンギフトカード」「カードへ返金」か選び、「Continue」をクリックします。

自己都合でない理由の場合は「Refund(返金)」ではなく、「Replacement(交換)」を選べる商品もあります。
交換を選べるかはセラーや商品によってまちまちです。

確認画面になります。自己都合なのに返品送料を$15負担してくれるようです! 太っ腹!
「Submit」をクリックします。

返品期限と返品方法説明のページになります。 今回ですと2017年4月15日までに商品が到着するように送らなければなりません。

印刷するので「Re-print label & instructions」 をクリックします。
この時に印刷しなくても印刷リンクのあるメールが送られているのでメールから印刷も可能です。

インボイス2枚リターンラベル1枚が印刷されます。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)に返品する商品を梱包し発送する

amazonの説明によると、インボイス1枚はビニール袋等に入れて梱包箱の側面にでも貼り、1枚はドライバーに渡すとあります。
これは、ヤマトやDHL等の宅配業者で送るなら業者で通関業務するので必要でしょうが、日本郵便で送る場合は送り状に税関告知書欄があり記入するのでインボイスは必要ありません。なので無視します。

リターンラベルの上の部分は点線に沿って切り取り、下の部分は商品と一緒に梱包します。

 

日本郵便で送るなら「EMS」「国際書留郵便」になりますが、今回は到着期限にまだ余裕があるので安い方の国際書留郵便で送ることにします。

先ずはラベルに必要事項を記入します。

ラベルの書き方等の詳細は 『海外通販 海外へ商品を返品、国際発送方法(日本郵便編)』の「航空便(追跡付き)の送り方」を御覧ください。

商品と先ほど切り取った下部分とを一緒に梱包し、ラベルを下図のように貼り付けます。
amazonのラベル紙は長旅の間に剥がれないように全面セロテープで覆ってます。

後は、郵便局へ持っていって発送するだけです。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)から返金のお切らせ

3月20日にamazonから「返金完了」のお知らせメールが届きました。 $54.99が返金されてるようです。

返金の詳細を見てみます。 メールの「View return***」をクリックします。

「Refund Total」へカーソルをかざすと、詳細が表示されます。

ちゃんと、返送料として$15が戻ってきてますね。
今回実際に返送にかかった金額は¥650でしたので、結果的に¥487プラスになっちゃいました。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)に返品時にメール連絡は必要ない

amazonの説明にも何も書いてなかったので、カスタマーサポートへ「返したよ。追跡番号はこれだよ。返送料は¥650かかったよ」とかのメールは一切していません。

付けろと言われてたインボイスも完全無視で付けてなかったし、自己都合なのに本当に$15返金してくれるのか?半信半疑でしたがちゃんと返金されました。

オーダー履歴から返品手続きを行い印刷できればメール連絡は必要ありません。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)個別セラーへの返品はリクエストになる

今回はamazonが販売している商品でしたのでamazon倉庫への返品となり、返品手続きもスムーズで返送料まで負担してくれましたが、amazon上でラベルの印刷までできず、返品理由を選んだ後セラーへ「返品をリクエストする」場合もあります。

この場合はセラーから返品方法の返事を待つことになり、セラーからの指示に従って返品してください。
大体はamazonと同じ返品ラベルのリンクを貼ったメールが送られてくると思いますが、$15の返送料負担があるかどうかはわかりません。

アマゾン アメリカ USAの関税はいくらかかるの?個人輸入でアメリカから商品を購入

Amazon Globalなら関税込で支払いができて、支払い分より関税が少なかった場合は差額分が約60日後に返金されます。

Amazon Globalではない、通常国際配送の場合は金額や商品によって関税がかかり到着時に支払います。

関税について:『海外通販・個人輸入の関税消費税の仕組みをわかりやすく解説』

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)で購入後にキャンセルはできる?

Amazonオーダー履歴の該当商品に「Cancel items」ボタンが出ていればキャンセルできます。
但しこれが出ているのは購入後約1時間以内です。

amazonページ右上の「Account & Lists」をクリックして「Your Orders」をクリックしてオーダー履歴を出します。

オーダー履歴のページになり、該当商品の欄を見ます。

「Cancel Items」をクリックし、次のページでキャンセル理由を選びます。
「Order Created by mistake」が良いでしょう。

「Cancel checked items」をクリックするとキャンセル完了です。

アマゾンの簡単購入方法!Amazonアメリカなら初めてでもできる個人輸入!

Amazonのシステムはどこの国も基本ほぼ同じです。
日本amazonでよく購入されている方であれば、それほど迷うことなく購入できると思います。

迷ったら日本amazonで何でもいいからカートに入れて、同時進行で流れを見ながら進めれば良いでしょう。

アマゾン アメリカで商品を選んでカートに入れる

では、アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)で実際に商品を購入してみます。今回は画像の商品を2個購入します。

「Qty」が数量になるのでクリックしてメニューから「2」を選び、「Add to cart」をクリックします。

「Proceed to checkout」をクリックします。2個買ってるので、「2 items」となってますね。

サインインを求められたら、アカウントのメールアドレス・パスワードを入力し「Sign in」をクリックします。

配送方法を選び支払いする

アカウント作成時に、先にカード情報登録していれば、配送先住所とカード情報は自動で入っています。

配送方法と複数点購入なら「まとめて発送」「準備できた商品から発送」かを選びます。
日本のamazonでも同じですが「準備できた商品から発送」ですと、その都度配送料がかかることになります。
「Place your order in JPY」をクリックすればオーダー完了です。

オーダーが完了し、オーダー番号が発行されます。
登録メールアドレスにオーダーメールが来ているかも確認しておきましょう。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)での購入を途中で中止する!

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)から日本へ配送不可だったとか、送料が予想以上に高くつくので購入をやめる場合はカートに戻って商品をカートから削除します。

Checkout画面の左上部の「amazon」ロゴをクリックし、出てきたプルダウンの「Return to cart」をクリックします。

カート内に戻るので「Delete」をクリックします。

カートに入れたすぐ後ならば、「cart」をクリックすれば、上記のようなカート内に戻るのでdeleteします。

アマゾンアメリカ 日本までの送料込みで結局どこが一番お得?各国のAmazon (アマゾン)を徹底比較!

「これが欲しい!」という商品がある時って日本で買う時もどこが安いか?比較検討しますよね。
アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)でも同じことができます。

つまり各国のamazonで商品をカートに入れ最終金額まで出してどこの国から購入するのが一番安いかを比較できるのです!

例えば、このAlessiのケーキスタンドをアメリカ・イギリス・ドイツ・イタリアのamazonで比較してみました。 配送方法はどこも一番安い配送です。

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)のAlessi価格

イギリス amazon.ukのAlessi価格

ドイツ amazon.deのAlessi価格

イタリア amazon.itのAlessi価格

アマゾン4カ国の価格比較

関税は来てみないと実際の金額はわからないのと、インボイス(納品書みたいな物)に載ってる金額に対してかかるので比較からは除外しました。

amazon サイトAlessi Cake Stand 関税抜き料金
アメリカ¥27,376
イギリス¥23,634
ドイツ¥20,753
イタリア¥23,281

こうして比較してみると、一番安くつくのはドイツで一番高いアメリカとの差額は¥6,623もありますね。
Alessi本家のイタリアよりドイツの方が商品価格が安いのでドイツが一番安くなってます。
ちなみに日本のアマゾンで探してみたら¥35,335(30%off 参考価格\50,760)で売ってました。

このように各国を横断して一度カートに入れて料金を確認すれば、よりお得に購入することができます!

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)で商品到着後、損をしないための裏ワザ検品法

アマゾンアメリカ(Amazon.com/AmazonUSA)から商品が手元に届いたら、まずどこかに不具合がないかをチェックしましょう!

すべてのチェックが終わるまでは、商品に付属しているプラスティックタグは絶対に取り外さないようにしてください。
もしプラスティックタグを外してしまうと、商品に不具合があり返品したいと思ってもできなくなりますので要注意です。

まずは、以下のポイントを重点的にチェックしてみてください。

サイズやカラーが注文した商品と同じかどうか

汚れ、ほつれや破れている箇所がないかどうか

ファスナーの開閉がスムーズかどうか

ブランドタグがしっかりと縫い付けられているかどうか

金具部分が錆びていないかどうか

この記事が気に入ったら
フォローしよう

海外通販や個人輸入の最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事