アマゾンカナダ(Amazon.ca)のクーポン割引セール速報


雑貨、生活用品、ファッションアイテム等、最大30%割引クーポン多数あり!
定期的に割引商品を更新しているのでアマゾンで購入前には必ずチェックをおすすめ!

クーポンGETはこちらから

  • country:CAUSUKFRITDEES...他
  • 利用可能な支払い方法:VISAvisa-electronMastercardAmerican-ExpressJCB

【アカウント作成方法】Amazon.com/アマゾンアメリカのアカウントは世界各国で共通

Amazon(アマゾン)はアカウント登録情報を共有しているのでどこかひとつでアカウントを作成すれば以下の国のAmazonで共通で使えます。

※日本のアカウントは残念ながら共有していないので日本でしか使えません。

各国別Amazon買い方ガイドは以下のページで詳しく説明しています↓

※AmazonES/スペインはまだ作成してません。リクエストあれば作成しますね。


Amazon.com/アマゾンアメリカでまずはアカウント作成

一度Amazonのアカウントを作成しておけば、次回の購入は非常に簡単に行うことができます。

Amazon.comのトップページの右上「Hello Sign in」の所へカーソルを持っていくとプルダウン画面が出るので「Sign in」をクリックします。

『Amazon.com』のアカウントを新規作成なので、「Create your Amazon account」をクリックし、それぞれの欄に入力していきます。
入力は半角英数で入力しましょう。

入力できたら 「Create your Amazon account」をクリックします。

簡単ですが、これでとりあえずはアカウントが作成できました。


購入前にクレジットカード情報(番号及び住所)を登録する

商品の購入時に入力する事もできますが、支払いカード情報を『Amazon.com』へ先に登録しておきましょう。

通常はクレジットカードによる支払いが一般的かと思うので、カードを登録しておけば購入がスムーズに行なえます。

TOPページの右上に「Hello, ◯◯(入力したアカウント名)」が出ているのでクリックししアカウントページに入ります。

「Manage Payment Options」をクリックするとカード情報の入力画面になります。

「Name on card」はカード記載通りに入力します。
入力できたら「Add your card」をクリックしてカード登録の住所を入力します。

↓この内容で入力してみます。

名前:日本 太郎

郵便番号:100-1234

配送先住所:東京都東村山市本町1丁目2-3 ハイツ日本101号

電話番号:03-3123-4567

もっと詳しく知りたい方こちらのページを参照下さい↓

名前は先程入力したNameがすでに入っているので住所を入力します。

「あなたのアカウント情報を更新します」と聞いてくるので「OK」をクリックします。

これでクレジットカード情報が登録されました!


『Amazon.com/アマゾンアメリカ』に配送先住所を追加したい場合(カード登録住所以外へ配送)

カード住所が実家のまま等で現住所が異なる場合は、カード情報住所以外へ配送してもらわなければなりません。

新たな配送先住所の追加登録方法を説明していきます。

Amazon.comに配送先住所を事前登録しておく場合

Amazon.comのトップページ右上に「Hello, ◯◯(名前)」が出ているのでクリック。
「Your Account」ページの「Add New Address」をクリックします。

新規住所入力画面になるので入力し、「Add address」をクリックすれば住所登録の完了です。


【輸入禁止商品】Amazon.ca/アマゾンカナダでの商品検索・日本へ個人輸入できる商品はどれか?

カナダのアマゾンでの輸入禁止商品及び規制品の確認

Amazon.ca内の商品はどれでも日本へ送れるわけではありません。
そもそも日本へ輸入禁止の商品も多々あります。

Amazonのセラー(販売者)が万が一発送してくれたとしても、税関で見つかり没収されることもありますので、自分が欲しい商品が禁止商品や規制商品に入っていないか?等、Amazonの商品を購入前に調べておきましょう。

こちらのサイトがよくまとめられています輸入禁止・規制品目について


アマゾンカナダのprime(プライム)商品で日本へ発送可能(関税込)の商品を検索する

amazonにはAmazon Globalという関税・他諸費用を前払いで発送するサービスがあります。

amazon.co.jpの説明では

【配送オプションが「AmazonGlobal海外配送」の場合】

「AmazonGlobal 海外配送」を利用して商品を海外へ配送する場合、AmazonGlobal が通関手続きを代行します。

お客様の代わりに通関でかかる輸入税、関税、その他手数料の見積額(輸入税等前払金)を算出し、注文確定時にお支払いいただきます。

そのため、荷物の到着時点でお支払いいただく必要はありません。
実際の輸入税等(受取人様の代理として、配送業者が配送国の税関や税の取り扱いを担当する機関に支払うもの)が、お客様にお支払いいただいた輸入税等前払金より少額だった場合は、ご注文時の支払い方法と同様の方法によって、自動的に差額を返金いたします。

このプロセスには、出荷日から60日間かかります。

残念ながらカナダではまだ全カテゴリーで対応していないようです。
プライムで国際配送可能はDVDのみとなっています。おそらくこれから対応していくのでしょうがいつになるかは不明です。


Amazon.ca/アマゾンカナダのマーケットプレイス(個別)店舗の商品は日本へ発送可能か?

プライムでは国際配送はDVDのみですが、個別店舗では可能なところはあります。

日本へ発送可能かどうかは、最終的にはカートに入れて住所選択までしてみないとわかりません。

発送不可の場合は下図のように赤字で「送れません」と出ます。
日本へは送れないので、「Delete」をクリックしてカートから商品を削除します。

カートから削除され「ショッピングカートは空です」の表示が出ます。

日本へ発送可能な場合は、発送方法選択画面になるので手続きを進めます。


Amazon.ca/アマゾンカナダの商品が日本へ送れない場合は転送サービス会社を使ってみる

日本へ発送しない商品は転送サービス会社を使うという手もあります。

「カナダ 転送サービス」で検索すると色々出てくるので探してみてください。


【購入手順】初めてでもできる!個人輸入・Amazon.ca/アマゾンカナダの簡単購入方法

Amazonのシステムはどこの国も基本ほぼ同じです。日本amazonでよく購入されている方であれば、それほど迷うこと無く購入出来ると思います。

迷ったら日本amazonで何でもいいからカートに入れて、同時進行で流れを見ながら進めれば良いでしょう。

Amazon.ca/アマゾンカナダ|商品を選んでカートに入れる

実際に購入してみます。今回は画像の商品を購入します。

Amazon.caの商品ページで「Add to Cart」をクリックしてカートに入れます。

「Proceed to checkout」をクリックします。

次のページでサインインを求められたら、アカウントのメールアドレス・パスワードを入力し「Sign in」をクリックします。


Amazon.ca/アマゾンカナダ|配送方法を選び支払いする

アカウント作成時に先にカード情報登録していれば配送先住所とカード情報は自動で入っています。

希望の配送方法を選んで、「Continue」をクリックします。

内容を確認して「Place your order in JPY」をクリックします。

購入完了すると注文番号が発行されメールアドレスにもメールが来ています。


Amazon.ca/アマゾンカナダ|複数点購入の場合

複数点購入なら「まとめて発送」「準備出来た商品から発送」かを選びます。
日本のamazonでも同じですが「準備出来た商品から発送」だと、その都度配送料がかかることになります。


Amazon.ca/アマゾンカナダ|やっぱり購入を途中でやめる!

送料が予想以上に高くつく等で購入をやめる場合はカートに戻って商品をカートから削除します。

Checkout画面の最下部の「Amazon ca homepage」の文字部分(青色リンク)をクリックし、TOPページに戻ります。

TOPページの右上、カートアイコンをクリックします。

カート内に戻るので「Delete」をクリックします。

カートに入れたすぐ後なら「Cart」をクリックすれば上記のようなカート内に戻るのでdeleteします。


【送料・配送】Amazon.ca/アマゾンカナダの送料と所要日数 カナダから商品到着までの日数

Amazon.caの国際配送種類は基本的に3種類あり、到着目安日数は以下のようになります。

Standard:10~12週間

Expedited:2~4週間

Priority:2~4営業日

送料は下の項目へ行くたびに高くなります。AmazonGlobalを選択すると関税込金額なので関税が発生しても受取時の支払いの心配が要りません。

通常は上記3種類の配送から選択しますが、商品やセラー(販売者)によっては、2種類であったり1種類のみであったりします。


【関税】Amazon.ca/アマゾンカナダから個人輸入の関税はいくらかかるの?

Amazon Globalなら関税込で支払いができて、支払い分より関税が少なかった場合は差額分が約60日後に返金されます。

Amazon Globalではない、通常国際配送の場合は金額や商品によって関税がかかり到着時に支払います。

『Amazon Global』はこちらから

関税についてはこちらのページで詳しく解説しています↓


【キャンセル】Amazon.ca/アマゾンカナダで購入後にキャンセルは出来る?

オーダー履歴の該当商品に「Cancel items(アイテムをキャンセルする)」ボタンが出ていればキャンセルできます。

但し、このキャンセルがボタンが出ているのは購入後おおよそ1時間以内です。

amazonページ右上の「Your Account」へカーソルをかざすとメニューが出てくるので「Your Orders」クリックしてオーダー履歴を出します。

オーダー履歴のページになり、該当商品の「Cancel items」をクリックします。

次のページでキャンセル理由を選び確定ボタンをクリックします。

キャンセル完了で、"This order has been cancelled"「キャンセルされました」のページになります。


【比較検証】amazonでよりお得に購入する方法!

「これが欲しい!」という商品がある時って日本で買う時もどこが安いかを比較検討しますよね。
実は各国Amazonでも同じことができます。

つまり各国のAmazonで商品をカートに入れ最終金額まで出してどこの国から購入するのが一番安いかを比較できるのです!

例えば、このAlessiのケーキスタンドをアメリカ・イギリス・ドイツ・イタリアのAmazonで比較してみました。
配送方法はどこも一番安いもので検証してみました。


【比較】Amazon.com/アマゾンアメリカのAlessi価格

【比較】イギリス amazon.ukのAlessi価格

【比較】ドイツ Amazon.deのAlessi価格

【比較】イタリア amazon.itのAlessi価格


アマゾン4カ国の価格比較

関税は来てみないと実際の金額はわからないのと、インボイス(納品書みたいな物)に載ってる金額に対してかかるので比較からは除外しました。

amazon サイト Alessi Cake Stand 関税抜き料金
アメリカ 27,376円
イギリス 23,634円
ドイツ 20,753円
イタリア 23,281円

こうして比較してみると、一番安くつくのはドイツで一番高いアメリカとの差額は6,623円もありますね。

Alessi本家のイタリアよりドイツの方が商品価格が安いのでドイツが一番安くなってます。

ちなみに日本のアマゾンで探してみたら35,335円(30%off 参考価格50,760円)で売ってました。

このように各国を横断して一度カートに入れて料金を確認すれば、よりお得に購入することができます!


【裏ワザ検品】Amazon.ca/アマゾンカナダで商品到着後、損をしないための裏ワザ検品法!

Amazon.caから商品が手元に届いたら、まずどこかに不具合がないかをチェックしましょう!

すべてのチェックが終わるまでは、商品に付属しているプラスティックタグは絶対に取り外さないようにしてください。

もしプラスティックタグを外してしまうと、商品に不具合があり返品したいと思ってもできなくなりますので要注意です。

まずは、以下のポイントを重点的にチェックしてみてください。

サイズやカラーが注文した商品と同じかどうか

汚れ、ほつれや破れている箇所がないかどうか

ファスナーの開閉がスムーズかどうか

ブランドタグがしっかりと縫い付けられているかどうか

金具部分が錆びていないかどうか

ではでは!楽しいAmazon海外通販ライフを!


言わずと知れたamazonのカナダサイトです。
サイトの作りは本家のアメリカや日本とほぼ同じなので感覚で結構簡単に購入できます。

公式サイトはこちら
【Amazon.ca】

Amazon.caの口コミ情報
{{ reviewsOverall }} / 5 口コミ数 (1 vote)
総合5
使いやすさ5
価格5
口コミ 口コミを書き込む
並び替え:

まだ口コミがありません。

User Avatar User Avatar
確認済
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

Show more
{{ pageNumber+1 }}

口コミを書き込む

下の星をクリックして評価してください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

海外通販や個人輸入の最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事