Amazon.com(アマゾンUSA),ebay(イーベイ)などの海外通販、個人輸入の解説サイト。YOOX(ユークス),Shopbop(ショップボップ),Farfetch(ファーフェッチ)など初心者でもわかりやすい個人輸入、輸入代行方法をお伝えします。

Amazon.com(アマゾン) eBay(イーベイ) 個人輸入Q&A

海外通販の転送サービスと個人輸入代行も使ってみる

投稿日:2017-04-02 更新日:

海外からの転送サービスとは

欲しい商品がSHOPから日本へ発送しない場合もあります。そんな時は転送サービスを使ってみましょう。海外転送サービスとは、日本に発送しない商品を一度当該国内で受け取って日本へ転送してくれるサービスです。手数料はかかりますがそれでも日本より安く購入出来る場合や日本では手に入らない商品などには使いたいサービスです。

海外からの転送サービスの流れ

★先ず転送会社に登録し、当該国の配送先住所・電話番号を取得します。会員登録はどこの会社も無料です。

★欲しい商品をカートに入れて配送先に取得した住所・電話番号を入力し購入します。

★転送会社に商品が届いたら再梱包して日本へ発送します。

★到着時に関税を支払います(関税がかかった場合)

細かな手順は各転送会社によって違いますが、おおまかな流れは上記になります。

海外からの転送サービスでも買えない事がある

アマゾンやイーベイは大丈夫ですが、SHOPによっては請求先住所billing address(カード登録住所)が配送先住所と一致してないと買えなかったり、そもそも当該国外のカードを受け付けなかったりする所もあります。そういう時は「個人輸入購入代行」を使いましょう。

海外転送サービスのデメリット

商品のトラブル

頻発はしませんが、時々間違った商品が送られてきたり、来たら破損していた、足りなかった等のトラブル時にshopへ返品が生じると追加手数料がかかります。又転送会社の簡易検品では発見できなくて日本に到着してから判ることもあり、そうなると返品しようとすると大変時間と労力とお金がかかります。転送会社はその名の通り、基本来た荷物を転送するだけなので、お客様からのオーダーと届いた商品の納品書が合っているかの確認で、実際の商品の確認をしてくれない所が殆どです。もしもの時に備えて高額商品などはオプションの有料検品を付けたほうが安心です。

日本へ発送できない禁輸品と規制品の事前確認をする

輸入に関しては禁止や規制が多くあります。購入予定のものが禁止物、規制品となっていないか、必ず購入前に確認しよくわからない時は転送会社へ問い合わせしたほうが良いでしょう。購入してから発送不可となると返品の処理が発生し追加手数料もかかります。

カテゴリーとしてはOKだけれど、使われている素材でワシントン条約に抵触する物は発送不可なので要注意です。

例えば、ギターで「ローズウッド」「エボニー」他などが一部でも使われていたら発送出来ません。貝製品も輸入禁止素材があるので確認が必要です。

税関>ワシントン条約 日本への持ち込みが規制されているもの(代表例)

アメリカの海外通販 個人輸入転送会社の比較

グッピング(goopping)

受取の倉庫はユタ州にあります。手数料が円建てで固定額及び無料検品が簡易写真付きというのが嬉しいポイントです。

手数料:1,280円定額/出荷毎(150ポンド/約68kgまで) 同梱費用無料

「商品数が増えても追加料金がかからず、写真付きの検品は無料」という事がポイントですね。

デメリットは箱代金追加¥500がかかる可能性が高いことです。箱代金追加とは、SHOPからの配送箱が使えずにグッピングで新しい箱を用意した場合にかかります。どういう場合にかかるかというと、以下の条件になります。

①オリジナルの梱包が袋であった場合
②オリジナルの箱が破損しており、日本までの国際配送に耐えられないと判断された場合
③複数の商品を同梱した際、全ての商品がオリジナルの箱に入りきらない場合

amazon以外は①の袋で来ることは結構多いです。転送品が他にもあってそちらの箱に入ればいいですが他になければ¥500プラスになりますね。②も結構ありえます。アメリカの荷物の取り扱いははっきり言ってかなり雑です。乱暴と言ってもいいでしょう。世界の感覚から見ると日本は異常なほどサービスの質が良いので、日本の宅配業者の取り扱いは大変丁寧ですが、世界は違うと思っておきましょう。

スピアネット(spearnet)

スピアネットはアメリカの転送サービス会社の中でも大手で、受取倉庫はオレゴン州にあるため商品購入時に米国消費税がかかりません。運営の歴史も長く取扱量も多い為検索するとそれなりにネガティブ記事は散見されますが、基本システムはしっかりしています。

手数料は、1荷物目$9 追加1荷物につき$6 簡易検品・通関書類作成・基本的な梱包費が全て含まれています。(1荷物あたりの商品数が10点以内)

配送方法はヤマト、USPS(米国郵便)のPMI(Priority Mail International)とEMS(Express Mail Service)の3種類から選べます。

デメリットは商品数11個めから追加として1荷物につき$6かかるので商品数が多いと高くなります。又、詳細検品と写真撮影はオプションなので追加費用がかかります。

ユーエスバイヤー(us-buyer)

受取倉庫はオレゴン州にあるため商品購入時に米国消費税がかかりません。

手数料は重量によって異なり 1ポンド毎$1 最低$5~ 

配送方法はヤマト運輸(国際宅急便)、FedEx(フェデックス)、郵便 (USPS)があり、それぞれの配送会社にさらに選択肢があります。

デメリットは検品のオプションが無いことでしょうか。簡易検品は基本的に商品名や商品番号が合っているか、個数があっているか、スタッフの判断にて分かる範囲で、破損はないかを確認しています。それと、個数は少なくても重量のある商品は当然ですが手数料が高くなります。

転送料を比較計算してみる

上記各サイトでは送料見積もりが出来るのでやってみました。

商品1点のみ35ドル 重さ1.54パウンド(700g) 35cm☓34cm☓12cmのバッグ

転送会社 基本手数料 配送会社 国際送料 合計 配達日数
Goopping ¥1280  不明 ¥2715 ¥3995 5~7日
 spearnet  

 $9

\1008

  

 ヤマト

 $25

\2800

\3808   5~7日
 郵便PMI

 $56.5

\6330

 ¥7338  7~(場合によっては21日)営業日
 郵便EMS

 $76.5

¥8580

 ¥9588  5-10営業日
 us-buyer.    

 $10

¥1120

    

 ヤマト

 $29.06

\3260

\4380   6~10日
 郵便First Class

 $24.85

\2790

 \3910  10~21日
 郵便PMI

 $56.27

\6300

\7420   6~10日
 郵便EMS

 $78.12

\8760

 \9880  3~5日
 FedEx Economy

 $69.29

\7760

 \8880  6日

一番安いのは spearnet のヤマトですが、Gooppingと¥177しか差がありません。おそらくGooppingもヤマト配送だと思われます。この金額差なら簡易検品でも写真があるGooppingのほうがお得感があります。ちなみにspearnetで特別検品を付けると$15~となります。

 

個人輸入代行とは

転送サービスは購入は自分で行い商品の転送を依頼するだけですが、個人輸入代行は自分に代わって購入もやってくれるサービスです。該当国発行のカードでしか買えないSHOPや購入の方法がよく判らないという場合に利用したいサービスです。

個人輸入代行の流れ

基本的に転送サービスと変わりません。サービス会社によって違いますが、会員登録してからサービス会社へ自分の欲しい商品の商品ページURL、個数、色やサイズ等の詳細を伝えます。サービス会社が購入してからは転送サービスと同じ流れになります。

アメリカの海外通販 個人輸入代行会社の比較

転送サービス会社はどこも個人輸入代行サービスも行っているので、前述の転送サービスで紹介したサービス会社も個人輸入代行をしてくれます。

グッピング(goopping)

購入代行手数料:商品購入総額(アメリカ国内送料含む)の10%もしくは最低1,710円

大体20%~30%の手数料を取る会社が多い中で10%はかなり魅力ですね。

クロスボーダー(XBORDER)

購入代行手数料:購入代金の30%または、最低1,800円 

クロスボーダーは前述の転送サービス会社スピアネットの購入代行サービスです。ここはamazonが特に使いやすく全て日本語で購入出来ます。日本のamazonを利用するような感じでそのまま注文出来るので、英語は絶対ダメ!や、とにかく簡単に注文したい!という方にはお薦めです。

クロスボーダーは商品の検索もクロスボーダー内で出来ます。

商品ページを出してみます。「amazonを見る」をクリックすると元のアメリカamazonの商品ページが出ます。

アメリカamazonでの価格は$12.15なので、クロスボーダーの商品ページの商品価格にはすでに手数料が含まれていることがわかります。

約1360円+1800円=3160円 送料も自動計算で出ているので支払う金額は合計金額のみですね。

「カートに入れる」と下図の画面になり、同梱で複数買いたい時は「戻る」からまた欲しい商品をカートに入れます。普通に日本のECサイトでお買い物するのと同じ感覚です。

クロスボーダーでお買い物へ

 

【eBay公認】セカイモン

世界最大級のオークションサイトeBay(イーベイ)公認の日本語で簡単に買える購入代行サイトです。日本で手に入らない新品からヴィンテージ商品、カーパーツから海外ファッションまで幅広く取り扱っています。

海外通販 eBay(イーベイ)購入方法・個人輸入買い物ガイドで購入方法は詳しく説明していますが、やはり英語が苦手で不安な方には現地出品者とのやりとりも全て代行してくれるセカイモンがお薦めです。

セカイモン利用の流れ

購入代行手数料:商品価格の15%または、最低800円

手数料に含まれる主なサービス

1.お客様へ発送する前の商品チェック
2.トラブル発生時の出品者との折衝
3.お買い上げの商品を最大30日セカイモン物流センターに保管する事ができる留め置き保管サービス
4.複数お買い上げの場合には、可能な限り商品を同梱してお得に発送
5.万が一の破損や商品未着時の補償

利用者としては2.と5.のサービスが特にポイントですね。

 

セカイモンの商品ページは下図のようなページです。全て日本語で商品価格・手数料・現地配送料も出ているので明朗会計です。

ちなみにeBay(イーベイ)の元ページは下図になります。

 

セカイモンでお買い物へ

-Amazon.com(アマゾン), eBay(イーベイ), 個人輸入Q&A

Copyright© 海外通販・個人輸入クラブ-Amazon.com(アマゾンUSA)、ebay解説- , 2017 AllRights Reserved.